日毎  日ごと繰り返される夜の舞踏会

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2008.07.14 Monday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2008.02.23 Saturday  孤 島

恩田陸の「ネバーランド」を読んで…

恩田さんといえば「夜のピクニック」
の著者でよく聞く名前ではあったけど、
私自身が恩田作品を読むのは初めてです。

この小説をドラマ化した
ドラマ「ネバーランド」が今関西では再放送してて
それを「結構面白いかも〜」と思いつつ
見ていると原作が恩田さん!
恩田さんは人気のある作家さんだし作品を
読んでみたいなあ、と思ってはいたけど
SFとかホラーは苦手なので、どうにも読む気がでなかった。
そこに、この作品。
読まずにはいられない!

で、読み始めたらとまらないとまらない。
ストーリーが面白いことはさることながら、
情景描写がなんと美しいこと。
それから、登場人物個々のキャラクター性。
主要人物4人とも魅力的な性格をしているけど、
光浩は群を抜いていました。
私はああいう頭のキレる、のに繊細で危ういひとに
惹かれるんだよなあ。

でも、こんなにピュアでさわやかな
男子高校生いないよー
と少し思いつつ読んでいたら、
あとがきに恩田さんもそのことに触れていましたね。
多少の理想が入ってる。
やっぱ、こういう少年はいないよな〜

ドラマ版でも1番光浩が好きです。
原作ファンの方からしたらきっと
喋り方、肌の質感などなどから
光浩はあんなのじゃなーい!
と思われるんだろうけど、それも承知の上で
光浩かっこいい〜と思ってしまうのです。
つまり、私三宅健結構好きだったり…

それから、ドラマ版といえば
主題歌「出せない手紙」
作詞は恩田さんがしたそうで。
これもいいですよねー
小説を全て読み終わって聞くと
目頭が少し熱くなりました。

『僕らはずっと裸足のまま この浜辺で
 きらきら揺れる白い波を 追いかけてる
 いつかまた会えると信じられるように』




2008.07.14 Monday  スポンサーサイト

- . -



+ comment





Profile

Category

Archives

admin